2ケタ勝利お預け G菅野「防御率1点台」でも勝てない理由

公開日: 更新日:

「悪いとは思わないけど、せめて同点で止めてほしかった。2点で逃げ切るのは虫のいい話かもしれないけど……」

 22日の中日戦をギャレットの劇的なサヨナラ2ランで勝利した巨人の高橋監督。「こういう勝ち方もうれしい」と頬を緩めながら、先発の菅野智之(26)については、冒頭のようにチクリとやった。

 初回に味方に2点をもらい、二回2死から4者連続三振を奪うなど完璧な立ち上がり。四回までは中日打線を1安打に抑えたが、五回に暗転した。3連打で同点に追いつかれると、六回には荒木の適時打で勝ち越された。

 8回111球を投げ7安打3失点。9勝6敗は変わらず4年連続2ケタ勝利はお預けとなった。防御率(1.97)と奪三振(184)のタイトルはほぼ手中に収めた。防御率は規定投球回数に到達した投手では両リーグ唯一の1点台でも、最近5試合はいずれも失点。この日は3、その前は1、2、2、5と絶対的エースの域には達していない。高橋監督が言いたいのは、まさにそこなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る