ヤクルト退団浮上で 巨人はバレンティンにも手を出すのか

公開日:  更新日:

 ヤクルトの主砲を巡って水面下で綱引きが始まりそうだ。13年にシーズン60本塁打のプロ野球新記録を樹立したウラディミール・バレンティン(32)が今季限りでヤクルトを退団する可能性が出てきたのである。

 3年契約が切れる今季は20日現在、打率・277、96打点、31本塁打をマークしている。とはいえ、今季の年俸は3億6000万円。かつての爆発力がなくなり、打撃は波があるというのが現場の評価。何より左翼の緩慢な守備が首脳陣の間で問題視されていた。高額年俸もネックとなり、球団内には契約延長に慎重論があるという。

 ヤクルトの球団関係者によれば、本人は残留を希望しているものの、球団としては、これ以上の年俸アップや新たに複数年契約を結ぶつもりはない、というから決裂する可能性は高い。ヤクルトはFAで中日から平田を獲得したい意向がある。同じ外野手で同じ右打者のバレンティンと再契約しなければ、「ポジションを空けて待っている」という平田への口説き文句にもなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る