日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

同じ打者にカモられ…巨人“ベンチ無策”にOBから厳しい声

「選手の責任だけではない。それはハッキリしていますよね」

 巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう言う。

 23日からの2連戦が象徴していた。2位を争うDeNAに2連敗。負け方がまたヒドかった。

 初戦に2番の梶谷、3番のロペス、4番の筒香に計5本塁打を浴びた巨人バッテリーは、2戦目も同じ3人にそれぞれ一発を献上。梶谷には2試合で8打数4安打2本塁打3打点、ロペスには8打数4安打3本塁打5打点、筒香には8打数6安打3本塁打6打点とコテンパンにされた。村田ヘッドコーチは「2日続けてカンカラ打たれて。監督に申し訳ない。バッテリーはワシらの責任や」と怒っていたが、言われるまでもないことだ。

 3人の今季の巨人戦の成績は梶谷が打率.353、4本塁打、16打点、ロペスが・330、8本塁打、17打点、筒香が.319、7本塁打、18打点。この2試合だけではなく、要するに開幕から同じ打者にやられ続けているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事