同じ打者にカモられ…巨人“ベンチ無策”にOBから厳しい声

公開日: 更新日:

 細かなことにいちいち監督が口を挟み、ベンチが選手を縛る。こういう指揮官は最悪だが、高橋由監督には逆に「なにもやらな過ぎ」という声があるのは事実だ。

 例えば優勝した広島は選手に「走者を進める凡打は安打と同じ価値がある」というつなぎの方針が徹底され、主砲のエルドレッドにすら「追い込まれたら逆方向」という意識が見て取れた。

「そういうチームとしての最低限の方針、約束事を共有して初めて、あとは選手に任せるというのならわかります。今年の淡泊な打線を見ても分かるように、巨人はチームで点を取る、チームで守るという部分に問題があるように思う。2年連続V逸という現実を前にして、巨人はまたぞろFAなどの補強に頼ろうとしている。しかし、いくら選手をかき集めても、ベンチや戦略、戦術の部分に問題があるのなら、たとえオリックスの糸井やヤクルトのバレンティンを取ったところで、根本的な解決にはならないと思いますね」

 とは、前出の高橋氏。

 巨人は3位のDeNAに2ゲーム差に迫られている。クライマックスシリーズのファーストステージ主催権を逃せばいよいよ補強が加速しそうだが、コーチ陣にもメスを入れる必要があるのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  7. 7

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

もっと見る