2位以下には左投手ズラリ…巨人のドラフト戦略に怪情報

公開日: 更新日:

 巨人の今秋のドラフト戦略は、山口鉄也(32)の後釜探しに重きが置かれることが分かった。

 9年連続60試合登板を達成した鉄腕も、今季の防御率は4.98。二軍落ちこそなかったものの、勝利の方程式からは外れ、ワンポイント登板も多かった。それでも戸根らの現有左腕は山口の穴を埋められず、「絶対的リリーフ左腕」の不在がV逸の大きな要因となった。

 そんな巨人が狙う逸材が北海道にいる。最速154キロを誇る江陵の左腕、古谷優人(3年)である。今夏の北北海道大会は4強で敗退。インステップ気味に足を踏み出し、テークバックが小さい。ボールの出どころが見づらい投球フォームから、150キロ超えの剛速球を投げ込む「北の怪物」だ。

 甲子園を沸かせた履正社・寺島らの「高校ビッグ3」や優勝投手の作新学院・今井らと比べ、中央球界では無名ながら、150キロ超えの左腕ならどこだって欲しい。セ・リーグの同地区担当スカウトがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    伊藤沙莉は“性格の悪い女が似合う女優”脇役での受賞は異例

  10. 10

    野手登板に巨人OB賛否分裂 原“傲慢采配”を呼んだ真の問題

もっと見る