• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2軍が2年連続V 巨人復活のカギは札束補強でなく若手育成

「補強はいらない」との声もある。

 巨人の二軍が19日、2年連続25度目の優勝を決めた。雨の中行われたヤクルト戦は5―14と大量リードを許していたが五回終了後に雨天コールドが成立。マジック2が点灯していたため、2位西武が日本ハムに負けて優勝が決まった。

 10月1日に行われるファーム日本選手権(KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎)の相手は昨年敗れたソフトバンク。そのソフトバンクの二軍には、いますぐ一軍で使えそうな力のある若手が多いが、巨人だって皆無じゃない。

 例えば、2年目野手の岡本和真(20)だ。ホームラン18本はリーグ2位。74打点は同トップだ。名門智弁学園時代は超高校級の右打者として通算73本塁打をマーク。類いまれなる長打力を買われ、4番候補としてドラフト1位で獲得した選手だ。プロ生活も2年目となり、二軍の投手ならポンポンと長打を放つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  4. 4

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  5. 5

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  6. 6

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  7. 7

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  8. 8

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  9. 9

    加計理事長の会見を認めない 雲隠れしていて結局それかい

  10. 10

    コロンビア戦勝利“陰の功労者” 早川直樹コーチの仕事ぶり

もっと見る