日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

G首脳の信頼とは真逆 好投マイコに周囲が疑心暗鬼なワケ

 巨人のマイルズ・マイコラス(28)が27日の中日戦に中5日で登板。八回途中まで1失点に抑えて勝利に貢献した。クライマックスシリーズ(CS)でも中5日で投げる可能性があるだけに、「投手陣はきっちり投げてくれた」と高橋監督の信頼度も増した様子だ。

 昨季は13勝3敗で「最高勝率」のタイトルを獲得。オフに2年6億円の大型契約を結んだが、今季は4勝2敗と振るわなかった。

 キャンプ中に右肩痛を訴えて二軍暮らし。何度も検査を繰り返し、米国でも検査を受けたが、異常は見つからなかったという。関係者はイライラしながら、「だって本人が痛いって言うんだから」と吐き捨てたこともある。復帰は6月の終わり。V逸の「A級戦犯」の呼び声が高いが、高橋監督ら首脳陣は、菅野、田口との3本柱と信頼を寄せ、CSでも切り札級の働きを期待しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事