高梨が象徴 “ノーマーク選手”発掘する日ハムのドラフト戦略

公開日:  更新日:

 日本ハムが25日の楽天戦にサヨナラ勝ち。優勝マジックを3に減らした試合に先発した高梨裕稔(25)が、プロ2年目を迎えた昨年の話だ。

 高梨は大学時代の知人に向かって、「ようやくプロの生活リズムが分かってきた」と話したという。

 山梨学院大から13年のドラフト4位で日本ハムに入団。大学、社会人出身の選手といえば即戦力が相場だけにノンビリ構えている気もするが、開花するのに時間がかかるのは球団サイドも織り込み済み。「高梨獲得は日本ハムのドラフト戦略を象徴している」と日本ハムOB氏がこう言った。

「高梨は大学時代、ほとんどノーマークの選手でした。体は細いし、球速もいまひとつ。多くの球団は、大学生なのに即戦力としては期待できないと判断した。けれども日本ハムは、体のバランスと投球フォームの良さを評価した。時間をかければモノになる、遅咲きの選手と判断してあえて下位で指名したと聞いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る