高梨が象徴 “ノーマーク選手”発掘する日ハムのドラフト戦略

公開日:  更新日:

 日本ハムが25日の楽天戦にサヨナラ勝ち。優勝マジックを3に減らした試合に先発した高梨裕稔(25)が、プロ2年目を迎えた昨年の話だ。

 高梨は大学時代の知人に向かって、「ようやくプロの生活リズムが分かってきた」と話したという。

 山梨学院大から13年のドラフト4位で日本ハムに入団。大学、社会人出身の選手といえば即戦力が相場だけにノンビリ構えている気もするが、開花するのに時間がかかるのは球団サイドも織り込み済み。「高梨獲得は日本ハムのドラフト戦略を象徴している」と日本ハムOB氏がこう言った。

「高梨は大学時代、ほとんどノーマークの選手でした。体は細いし、球速もいまひとつ。多くの球団は、大学生なのに即戦力としては期待できないと判断した。けれども日本ハムは、体のバランスと投球フォームの良さを評価した。時間をかければモノになる、遅咲きの選手と判断してあえて下位で指名したと聞いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る