高梨が象徴 “ノーマーク選手”発掘する日ハムのドラフト戦略

公開日: 更新日:

 日本ハムが25日の楽天戦にサヨナラ勝ち。優勝マジックを3に減らした試合に先発した高梨裕稔(25)が、プロ2年目を迎えた昨年の話だ。

 高梨は大学時代の知人に向かって、「ようやくプロの生活リズムが分かってきた」と話したという。

 山梨学院大から13年のドラフト4位で日本ハムに入団。大学、社会人出身の選手といえば即戦力が相場だけにノンビリ構えている気もするが、開花するのに時間がかかるのは球団サイドも織り込み済み。「高梨獲得は日本ハムのドラフト戦略を象徴している」と日本ハムOB氏がこう言った。

「高梨は大学時代、ほとんどノーマークの選手でした。体は細いし、球速もいまひとつ。多くの球団は、大学生なのに即戦力としては期待できないと判断した。けれども日本ハムは、体のバランスと投球フォームの良さを評価した。時間をかければモノになる、遅咲きの選手と判断してあえて下位で指名したと聞いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る