• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“抑え不在”の懸念解消か ハム守護神マーティンに復帰情報

 4年ぶりにリーグ優勝した日本ハムの最大のアキレス腱といえば「抑え不在」。

 52試合に登板して2勝21セーブ、防御率1.07と安定感抜群だった守護神のマーティン(30)が、9月4日のオリックス戦に登板後、左足首をひねって捻挫。守護神が戦列を離れて以降、九回をいかにしのぐかが最大の懸案事項だった。日本ハムOBがこう言った。

「当初、栗山監督から抑えに指名された吉川は制球難で使い物にならなかった。代わりにバースや谷元や宮西を起用したものの、帯に短したすきに長し。バースはピンチで制球が甘くなり、谷元は球威がいまひとつ、宮西は右足首捻挫が完治していません。とりあえず30日のロッテとの最終戦までは、そのときの状況によって谷元と宮西を使い分けていく方針だといいます」

 大谷の1安打完封で優勝を決めた28日の西武戦のようなケースは、そうそうあるもんじゃない。マーティンが離脱して以降の1カ月、日本ハムのベンチは九回になるとハラハラドキドキの連続だったとか。このまま守護神不在が続くようなら、10月12日から始まるCSファイナルステージも不安だが、首脳陣やファンにとって明るいニュースが飛び込んできた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る