“抑え不在”の懸念解消か ハム守護神マーティンに復帰情報

公開日:  更新日:

 4年ぶりにリーグ優勝した日本ハムの最大のアキレス腱といえば「抑え不在」。

 52試合に登板して2勝21セーブ、防御率1.07と安定感抜群だった守護神のマーティン(30)が、9月4日のオリックス戦に登板後、左足首をひねって捻挫。守護神が戦列を離れて以降、九回をいかにしのぐかが最大の懸案事項だった。日本ハムOBがこう言った。

「当初、栗山監督から抑えに指名された吉川は制球難で使い物にならなかった。代わりにバースや谷元や宮西を起用したものの、帯に短したすきに長し。バースはピンチで制球が甘くなり、谷元は球威がいまひとつ、宮西は右足首捻挫が完治していません。とりあえず30日のロッテとの最終戦までは、そのときの状況によって谷元と宮西を使い分けていく方針だといいます」

 大谷の1安打完封で優勝を決めた28日の西武戦のようなケースは、そうそうあるもんじゃない。マーティンが離脱して以降の1カ月、日本ハムのベンチは九回になるとハラハラドキドキの連続だったとか。このまま守護神不在が続くようなら、10月12日から始まるCSファイナルステージも不安だが、首脳陣やファンにとって明るいニュースが飛び込んできた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る