日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イチロー残留で現実味 マーリンズ“18年凱旋試合”プラン

 メジャー最年長野手のプレーが日本で見られそうだ。

 マーリンズが来季の契約選択権を行使し、1年200万ドル(約2億1000万円)で残留が決まったイチロー(42)のことだ。

 5日(日本時間6日)に会見したサムソン球団社長は「彼は50歳までプレーしたいと真剣に私に言った。1年ずつクリアしているし、彼ならできると思う」と話し、イチローの現役続行を後押しすると示唆。ヒル編成本部長によれば、18年の契約選択権は球団が保有していて、イチローは来季も4人目の外野手として結果を残せば、再来年もマーリンズのユニホームを着ることになる。

 今回の契約更新で新たに18年の選択権も加えられたとみられ、18年の10月で45歳になるベテランにメジャーでプレーする道を残したのは、単に本人の意思をくんだわけではもちろんない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事