イチロー残留で現実味 マーリンズ“18年凱旋試合”プラン

公開日:  更新日:

 メジャー最年長野手のプレーが日本で見られそうだ。

 マーリンズが来季の契約選択権を行使し、1年200万ドル(約2億1000万円)で残留が決まったイチロー(42)のことだ。

 5日(日本時間6日)に会見したサムソン球団社長は「彼は50歳までプレーしたいと真剣に私に言った。1年ずつクリアしているし、彼ならできると思う」と話し、イチローの現役続行を後押しすると示唆。ヒル編成本部長によれば、18年の契約選択権は球団が保有していて、イチローは来季も4人目の外野手として結果を残せば、再来年もマーリンズのユニホームを着ることになる。

 今回の契約更新で新たに18年の選択権も加えられたとみられ、18年の10月で45歳になるベテランにメジャーでプレーする道を残したのは、単に本人の意思をくんだわけではもちろんない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る