ダルが“背信”の4発被弾5失点…レンジャーズ地区Sで2連敗

公開日:  更新日:

 レンジャーズ・ダルビッシュ(30)が強力打線の餌食にされた。

 7日(日本時間8日)のブルージェイズとのア・リーグ地区シリーズ(5回戦制)第2戦に登板。5回を4本塁打含む5安打5失点で負け投手に。チームは2連敗で後がなくなった。

 霧雨が降りしきる中、本拠地のマウンドに上がったダル。二回1死一塁から6番トゥロウィツキーに甘く入った152キロの直球を左翼席に運ばれ2点の先制を許す。その後は毎回、走者を背負いながらも無失点で切り抜けたが、五回に乱れた。

 先頭の8番ピラーに高めの直球を左翼席に叩き込まれると、1死後、1番カレーラにも被弾。3番で今季の打点王(127)エンカーナシオンにも一発を浴び、この回だけで3本のソロ本塁打を許した。

 相手のブルージェイズはレギュラーシーズンにリーグ3位の221本塁打をマークするなど、メジャーを代表する打線。前日の初戦はエース左腕ハメルズが6安打7失点と炎上。今季、右肘手術から完全復活を果たしたダルも強打者たちを食い止められなかった。

▽ダルのコメント
「真っすぐを狙ってきた相手にうまく打たれた。真っすぐ主体でいきすぎた。(4本塁打は)野球なのでそういうこともある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る