日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京五輪へ好材料 平野美宇がW杯最年少Vで若手が主役に

「高1優勝」といっても、もう一人の方だった。

 卓球女子の平野美宇(16=最新世界ランク17位)は9日、米国・フィラデルフィアで行われたW杯シングルス決勝で、台湾のチェン・イーチン(24)を4―0で下し日本選手として初優勝。公式サイトによると大会最年少優勝だという。

 今大会は中国選手が欠場しているとはいえ、平野がラスト3試合で倒した相手はすべて格上だった。準々決勝では、リオ五輪日本代表で同11位の伊藤美誠(15)に4―1。準決勝ではシンガポールのフェン・ティアンウェイ(30=同6位)に逆転勝ち。決勝では、同8位の台湾選手をストレートで退けた。

 リオ五輪にはサポートメンバーとして参加していた平野は、練習相手の他に球拾いや裏方の仕事を熱心にこなしていた。チームは団体銅メダルで報われたが、自分には日が当たらずひっそりと帰国した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事