団体銀以上確定 男子卓球を変えた“愛ちゃん人気”と独留学

公開日: 更新日:

 その瞬間、エースの水谷隼(27)は床に倒れ込んだ。

 リオ五輪卓球男子団体準決勝は、世界ランキング4位の日本が同2位のドイツを3―1で下し、史上初の決勝進出を決め、銀メダル以上を確定させた。

「今回はシングルスと団体のメダルを達成できてうれしい。2番手をやってボルには1勝15敗で勝てない相手だったが、すごく自信があって、彼に勝てると思ってここにきた。それがプレーに出た。優勝しか見ていない。あと1試合、最高のプレーをしたい」(試合後の水谷)

 日本男子は今年3月の世界卓球団体戦で、1977年バーミンガム大会(英国)以来39年ぶりの決勝に進出。王者中国にストレート負けしたが、銀メダルを手にした。その実績からすれば、今回の決勝進出は順当ともいえるが、五輪のメダル獲得までの道のりは長かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神またお家騒動…矢野監督に危惧される金本氏の“二の舞”

  2. 2

    ゴーンに国外追放&暗殺の可能性 レバノン反政府デモ拡大で

  3. 3

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  4. 4

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  5. 5

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

  6. 6

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    鳥谷に移籍情報飛び交うも…掛布氏出馬で虎電撃復帰急浮上

  9. 9

    まるで掃きだめ…衆院決算行政監視委に“問題議員”がズラリ

  10. 10

    三菱重工業<上>創業の地「長崎」から造船の灯が消える日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る