ド軍崖っぷち 前田黒星で露呈したベンチのシビアな信用度

公開日:  更新日:

 初のポストシーズン登板で、いつも以上に慎重にいこうという意識はあったに違いない。

 1勝1敗のタイで迎えたナ・リーグ地区シリーズ第3戦。ドジャースの先発・前田健太(28)は3回5安打4失点で降板した。前田はコントロールの良さが身上。立ち上がり、内外角の際どいコースを狙ったが、ことごとくボールに判定された。初回、2者連続四球で2死満塁のピンチを招くと、早くも三塁側ベンチからハニーカット投手コーチがマウンドに足を運んだくらい。一転してストライク先行の投球を心掛けるも、ナショナルズの中軸は甘い球を見逃してくれない。

 三回、5番・レンドンの2ランを含む4本の長短打を浴びて4失点。捕手・グランダルが高めに要求した球が、いずれも中途半端なベルト付近へいって痛打された。初回の援護を生かせないどころか、貯金を一気に吐き出してしまった。前田は直後の攻撃で代打を送られ、この回限りでマウンドを降りた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る