• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ド軍崖っぷち 前田黒星で露呈したベンチのシビアな信用度

 初のポストシーズン登板で、いつも以上に慎重にいこうという意識はあったに違いない。

 1勝1敗のタイで迎えたナ・リーグ地区シリーズ第3戦。ドジャースの先発・前田健太(28)は3回5安打4失点で降板した。前田はコントロールの良さが身上。立ち上がり、内外角の際どいコースを狙ったが、ことごとくボールに判定された。初回、2者連続四球で2死満塁のピンチを招くと、早くも三塁側ベンチからハニーカット投手コーチがマウンドに足を運んだくらい。一転してストライク先行の投球を心掛けるも、ナショナルズの中軸は甘い球を見逃してくれない。

 三回、5番・レンドンの2ランを含む4本の長短打を浴びて4失点。捕手・グランダルが高めに要求した球が、いずれも中途半端なベルト付近へいって痛打された。初回の援護を生かせないどころか、貯金を一気に吐き出してしまった。前田は直後の攻撃で代打を送られ、この回限りでマウンドを降りた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る