Rソックス終戦 上原ら日本人が世話になった“親分”も引退

公開日: 更新日:

 レッドソックス・上原浩治(41)の今シーズンが終了した。

 この日のア・リーグ地区シリーズ第3戦。上原は2点を追う八回に登板して、1イニングを3者凡退に。Rソックスはその裏の攻撃で1点を返すも、反撃はここまで。インディアンスに3連敗して、リーグ優勝決定戦進出を逃した。

 上原には来季もあるだろうが、今季限りでの引退を表明しているのが同僚のデービッド・オルティス(40)だ。

 06年には本塁打、打点の2冠を獲得。現役最後の今季は10年ぶり3度目の打点王(127)に輝いた。ボストンのファンからは「ビッグパピー」の愛称で親しまれ、上原を筆頭に数々の日本人選手が世話になった。

 日本人選手がメジャーに移籍して最初にぶつかるのは人種の壁だ。たいていのチームのロッカールームは白人とそれ以外の人種に分かれて輪ができる。日本人選手はもちろん後者で、冷遇されることも。そんな日本人選手をチームに溶け込ませたのが他でもないドミニカ共和国出身のオルティスだったそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る