Rソックス終戦 上原ら日本人が世話になった“親分”も引退

公開日:  更新日:

 レッドソックス・上原浩治(41)の今シーズンが終了した。

 この日のア・リーグ地区シリーズ第3戦。上原は2点を追う八回に登板して、1イニングを3者凡退に。Rソックスはその裏の攻撃で1点を返すも、反撃はここまで。インディアンスに3連敗して、リーグ優勝決定戦進出を逃した。

 上原には来季もあるだろうが、今季限りでの引退を表明しているのが同僚のデービッド・オルティス(40)だ。

 06年には本塁打、打点の2冠を獲得。現役最後の今季は10年ぶり3度目の打点王(127)に輝いた。ボストンのファンからは「ビッグパピー」の愛称で親しまれ、上原を筆頭に数々の日本人選手が世話になった。

 日本人選手がメジャーに移籍して最初にぶつかるのは人種の壁だ。たいていのチームのロッカールームは白人とそれ以外の人種に分かれて輪ができる。日本人選手はもちろん後者で、冷遇されることも。そんな日本人選手をチームに溶け込ませたのが他でもないドミニカ共和国出身のオルティスだったそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

もっと見る