• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

Rソックス終戦 上原ら日本人が世話になった“親分”も引退

 レッドソックス・上原浩治(41)の今シーズンが終了した。

 この日のア・リーグ地区シリーズ第3戦。上原は2点を追う八回に登板して、1イニングを3者凡退に。Rソックスはその裏の攻撃で1点を返すも、反撃はここまで。インディアンスに3連敗して、リーグ優勝決定戦進出を逃した。

 上原には来季もあるだろうが、今季限りでの引退を表明しているのが同僚のデービッド・オルティス(40)だ。

 06年には本塁打、打点の2冠を獲得。現役最後の今季は10年ぶり3度目の打点王(127)に輝いた。ボストンのファンからは「ビッグパピー」の愛称で親しまれ、上原を筆頭に数々の日本人選手が世話になった。

 日本人選手がメジャーに移籍して最初にぶつかるのは人種の壁だ。たいていのチームのロッカールームは白人とそれ以外の人種に分かれて輪ができる。日本人選手はもちろん後者で、冷遇されることも。そんな日本人選手をチームに溶け込ませたのが他でもないドミニカ共和国出身のオルティスだったそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

もっと見る