マーティンに残る不安 ハム大谷“守護神”で三刀流に現実味

公開日: 更新日:

「試合をつくりさえすれば、今の打線なら必ず打ってくれる。(試合は)すごく楽しみです」

 日本ハム大谷翔平(22)が、11日の前日練習で自信たっぷりにこう話した。

 12日から始まるCSファイナルステージ。初戦の先発を任された大谷は、今季のソフトバンク戦は2勝無敗、防御率1.26と相性が良い。短期決戦だけに、シーズン中は“休養”が多かった先発した翌日も打席に立つことが予想される。バットでも9本塁打、16打点、打率・411とソフトバンクをカモにしている。投打ともに、「二刀流」大谷が日本シリーズ出場のカギを握っているのは間違いないだろう。

 それどころか、三本目の刀を求められる可能性が浮上している。それが、いざという時の「守護神」役だ。

 抑えのマーティンは防御率1.07。これがソフトバンク戦となると2.45まで下がる。先発ならまだしも、抑えで防御率2点台というのは決して褒められる数字ではない。マーティンは9月4日のオリックス戦で左足首を捻挫し、戦線離脱。CS直前に一軍復帰を果たした。9日の紅白戦では152キロを投げたが、公式戦からは1カ月以上も遠ざかっている。実戦感覚が鈍っていないかなど、不安は少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る