春日山に指導者失格の烙印 協会の大ナタに親方衆戦々恐々

公開日:  更新日:

 デタラメ親方は1人や2人じゃない。

 12日、相撲協会は八角理事長(元横綱北勝海)以下、臨時理事会を開き、春日山親方(元幕内浜錦)への辞任勧告が全会一致で決まった。春日山親方は先代親方(元幕内春日富士)と年寄名跡証書をめぐって、裁判で係争中。さらに9月場所中に一度も部屋に顔を出さなかったことも判明した。

「名跡がないのは年寄失格。行動からして、師匠の資格はない」とは春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)。今後、春日山部屋は閉鎖され、所属力士は同じ伊勢ケ浜一門の追手風部屋に移籍する予定だ。

 名跡証書の件もそうだが、弟子の面倒を見ないのでは職務放棄と言われて当然。しかし、指導者失格の親方は春日山親方だけじゃない。

「近年の親方衆はロクに相撲の技術を教えられない者が多い。だから安易に、体ばかり大きくさせようとする。毎晩のように飲み歩いて、二日酔いで稽古場に降りてこない親方もいます。ある親方は稽古場には顔を出すが、ボーッと見ているだけ。弟子がきちんと四股を踏まず、体を左右に揺らしているだけなのに何も言わない。案の定、その部屋の看板力士は足をケガして廃業しました」(相撲記者)

 協会の大ナタに首筋が寒くなっている親方は、まだまだいそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る