日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

朝青龍の前例もあり…白鵬のモンゴル帰国に“余計な心配”

 大相撲横綱の白鵬(31)が、母国モンゴルに帰国した。「心と体を休めるため」だという。

 白鵬は足の故障などで先の秋場所を全休。12日には、右足親指の遊離軟骨除去手術を受けた。術後に断食を行い、157キロあった体重は「今は147キロ。内臓を休めて、体も軽い」と体調の良さをアピールしたが、7月の名古屋場所も10勝5敗と、横綱昇進以来ワーストタイとなる低空飛行。ケガではなく、衰えを指摘する声も多い。

 全休した今場所は、大関豪栄道が初優勝するなど、日本人力士が土俵を盛り上げ、すっかり影が薄くなってもいる。

「自らの衰えに協会の日本人横綱待望論。ストレスと不満をためる原因に事欠かず、それが土俵内でのダメ押しなど、傍若無人な振る舞いに拍車をかけている、と角界関係者の間ではもっぱらです」(相撲記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事