• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

チーム判断に最後まで抵抗 広島黒田“登録抹消”で株上げる

 広島の黒田博樹(41)が登録を抹消された。

 理由は頚部の神経根症と右肩痛。頚部神経根症は、ドジャース時代の09年にダイヤモンドバックス戦で右側頭部に打球が直撃した際の後遺症だというから心配だ。今季の開幕前にも病院で検査を受けていたことも明らかにされた。

「慢性的にあったもので症状に波がある。今回は投球に支障を来したという判断です。投球フォームを崩したり、右肩への影響も考えた。トレーナーからストップをかけました」(松原チーフトレーナー)

 黒田は前日7日のDeNA戦で4回6安打3失点KO。スピードとキレを欠き、二回に5連打を浴びて3点を失うなど、本来とは程遠い投球に故障を心配する声があがっていた。今季はここまで7試合に登板し、リーグトップタイの4勝(1敗=防御率2.93)。首位争いをするチームを牽引してきただけに今後へ懸念が広がる一方、球団内では「さすが黒田」という声も出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る