チーム判断に最後まで抵抗 広島黒田“登録抹消”で株上げる

公開日: 更新日:

 広島黒田博樹(41)が登録を抹消された。

 理由は頚部の神経根症と右肩痛。頚部神経根症は、ドジャース時代の09年にダイヤモンドバックス戦で右側頭部に打球が直撃した際の後遺症だというから心配だ。今季の開幕前にも病院で検査を受けていたことも明らかにされた。

「慢性的にあったもので症状に波がある。今回は投球に支障を来したという判断です。投球フォームを崩したり、右肩への影響も考えた。トレーナーからストップをかけました」(松原チーフトレーナー)

 黒田は前日7日のDeNA戦で4回6安打3失点KO。スピードとキレを欠き、二回に5連打を浴びて3点を失うなど、本来とは程遠い投球に故障を心配する声があがっていた。今季はここまで7試合に登板し、リーグトップタイの4勝(1敗=防御率2.93)。首位争いをするチームを牽引してきただけに今後へ懸念が広がる一方、球団内では「さすが黒田」という声も出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  4. 4

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  5. 5

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  8. 8

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

もっと見る