新発想で広島投手陣を変えた 黒田流「投球革命」の中身

公開日:  更新日:

 広島の独走Vはやはり、元メジャーリーガーの存在なしには語れない。

 打線の破壊力に目がいきがちだがチーム防御率はリーグトップの3・22。畝投手コーチは「投手は黒田の思い切って内角を突く投球を見ており、すごく参考になると思う」と言っている。一昨年オフにヤンキースから広島に復帰した黒田博樹(41)の存在が投手力アップのきっかけをもたらし、復帰2年目となった今季、花を咲かせたといえるのだ。

 先日放送されたNHKの「クローズアップ現代+」によると、広島バッテリーによる内角への配球は、7日現在でリーグトップで32%に達するという。広島OBの山内泰幸氏が言う。

「今季のカープ投手陣は内をうまく突くことで、ゾーンをより広く使えるようになった。16日の中日戦で15勝目を挙げた野村は、昨季よりもストレートの力強さが増したことに加え、内角にシュート、ツーシームを多めに投じるようになり、外角のカットやチェンジアップがさらに有効な球になっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る