予定通りG戦に先発も 黒田の“男気”に広島球団ビビる理由

公開日:  更新日:

 球団フロントも気が気ではないはずだ。

 9日の阪神戦で左アキレス腱上部に打球を当て緊急降板した広島の黒田博樹(41)が、予定通り中6日で巨人戦(16日)に先発することになった。

 黒田はここまで3試合に先発し、2勝0敗、防御率1・35はリーグ3位の成績。エースの前田健太(28)が抜けた今季、開幕からベテラン右腕がチームを引っ張っている。

 集客面でも貢献度は計り知れない。黒田が広島に復帰した昨季、広島は球団創設以来、初めて観客動員200万人を突破。グッズ収入は10億円増の35億7500万円を記録し、年間指定席は完売。売上高148億3256万円、当期利益7億6133万円はいずれも球団史上最高額だった。すべては「黒田効果」なのだ。

「巨人戦や阪神戦に黒田が先発すれば、観客動員に直結します。ただ黒田はプロ野球人生の最後はカープに恩返しをしたいと復帰した実直な性格の持ち主ですから、チームの勝利のためには無理もいとわない。昨季も首脳陣の反対を振り切って、続投を志願したこともあります。責任感の強い黒田のことですから、マエケンがいなくなり、今年限りで引退を決意しているから、なおさらそういう気持ちが強い。それで投げられなくなっても後悔はしないでしょう。ただ球団としては、故障をしてそのまま長期離脱や引退に追い込まれたらすべてがパー、シャレになりません」(球団OB)

 黒田がマウンドに上がるたびに「頼むから無理しないでくれ」と、祈っているハズだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る