予定通りG戦に先発も 黒田の“男気”に広島球団ビビる理由

公開日: 更新日:

 球団フロントも気が気ではないはずだ。

 9日の阪神戦で左アキレス腱上部に打球を当て緊急降板した広島黒田博樹(41)が、予定通り中6日で巨人戦(16日)に先発することになった。

 黒田はここまで3試合に先発し、2勝0敗、防御率1・35はリーグ3位の成績。エースの前田健太(28)が抜けた今季、開幕からベテラン右腕がチームを引っ張っている。

 集客面でも貢献度は計り知れない。黒田が広島に復帰した昨季、広島は球団創設以来、初めて観客動員200万人を突破。グッズ収入は10億円増の35億7500万円を記録し、年間指定席は完売。売上高148億3256万円、当期利益7億6133万円はいずれも球団史上最高額だった。すべては「黒田効果」なのだ。

「巨人戦や阪神戦に黒田が先発すれば、観客動員に直結します。ただ黒田はプロ野球人生の最後はカープに恩返しをしたいと復帰した実直な性格の持ち主ですから、チームの勝利のためには無理もいとわない。昨季も首脳陣の反対を振り切って、続投を志願したこともあります。責任感の強い黒田のことですから、マエケンがいなくなり、今年限りで引退を決意しているから、なおさらそういう気持ちが強い。それで投げられなくなっても後悔はしないでしょう。ただ球団としては、故障をしてそのまま長期離脱や引退に追い込まれたらすべてがパー、シャレになりません」(球団OB)

 黒田がマウンドに上がるたびに「頼むから無理しないでくれ」と、祈っているハズだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

  2. 2
    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

  3. 3
    巨人「原監督続投」を吹き飛ばす“チーム空中分解”の内部情報 「全権のひずみ」とOBも警鐘

    巨人「原監督続投」を吹き飛ばす“チーム空中分解”の内部情報 「全権のひずみ」とOBも警鐘

  4. 4
    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

  5. 5
    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

もっと見る

  1. 6
    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

  2. 7
    自民・甘利幹事長「政府の意思決定の中に共産党の意思が」執拗に野党共闘を“口撃”するワケ

    自民・甘利幹事長「政府の意思決定の中に共産党の意思が」執拗に野党共闘を“口撃”するワケ

  3. 8
    れいわ新選組 「野党共闘」重視した山本太郎代表の“大人の対応”が奏功…悲願達成には3議席獲得が絶対

    れいわ新選組 「野党共闘」重視した山本太郎代表の“大人の対応”が奏功…悲願達成には3議席獲得が絶対

  4. 9
    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

  5. 10
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…