3回転半回避しSP5位…浅田真央に囁かれる“ジャンパー膝”

公開日: 更新日:

 フィギュアスケートのGPシリーズ初戦の「スケートアメリカ」が21日(日本時間22日)、イリノイ州シカゴで開幕。復帰2年目の浅田真央(26)は初日の女子ショートプログラム(SP)で64・47点とし、5位スタートとなった。今季初戦となった6日のフィンランディア杯を前に左膝を故障したことから、シーズン序盤は武器であるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は回避した。

 浅田は左膝の状態について「大丈夫です」と多くを語らないものの、佐藤信夫コーチは「無理をさせられない。焦らずに進めるしかない」とし、“大技”がいつ披露できるかは不透明な状況だ。

 それだけに、スケート関係者の間では重症説もささやかれ始めている。審判経験者によれば、先のフィンランディア杯でも滑りに異変が生じていたという。

 トリプルアクセルを回避せざるを得ない中、着実なスケーティングで加点を狙いながら、SP、フリーとも演技終盤のジャンプで回転不足などのミスが続出、2位に終わった。スケーティングに定評がある浅田にしては初歩的なミスが少なくなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る