3回転半回避しSP5位…浅田真央に囁かれる“ジャンパー膝”

公開日: 更新日:

 フィギュアスケートのGPシリーズ初戦の「スケートアメリカ」が21日(日本時間22日)、イリノイ州シカゴで開幕。復帰2年目の浅田真央(26)は初日の女子ショートプログラム(SP)で64・47点とし、5位スタートとなった。今季初戦となった6日のフィンランディア杯を前に左膝を故障したことから、シーズン序盤は武器であるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は回避した。

 浅田は左膝の状態について「大丈夫です」と多くを語らないものの、佐藤信夫コーチは「無理をさせられない。焦らずに進めるしかない」とし、“大技”がいつ披露できるかは不透明な状況だ。

 それだけに、スケート関係者の間では重症説もささやかれ始めている。審判経験者によれば、先のフィンランディア杯でも滑りに異変が生じていたという。

 トリプルアクセルを回避せざるを得ない中、着実なスケーティングで加点を狙いながら、SP、フリーとも演技終盤のジャンプで回転不足などのミスが続出、2位に終わった。スケーティングに定評がある浅田にしては初歩的なミスが少なくなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る