3回転半回避しSP5位…浅田真央に囁かれる“ジャンパー膝”

公開日: 更新日:

 フィギュアスケートのGPシリーズ初戦の「スケートアメリカ」が21日(日本時間22日)、イリノイ州シカゴで開幕。復帰2年目の浅田真央(26)は初日の女子ショートプログラム(SP)で64・47点とし、5位スタートとなった。今季初戦となった6日のフィンランディア杯を前に左膝を故障したことから、シーズン序盤は武器であるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は回避した。

 浅田は左膝の状態について「大丈夫です」と多くを語らないものの、佐藤信夫コーチは「無理をさせられない。焦らずに進めるしかない」とし、“大技”がいつ披露できるかは不透明な状況だ。

 それだけに、スケート関係者の間では重症説もささやかれ始めている。審判経験者によれば、先のフィンランディア杯でも滑りに異変が生じていたという。

 トリプルアクセルを回避せざるを得ない中、着実なスケーティングで加点を狙いながら、SP、フリーとも演技終盤のジャンプで回転不足などのミスが続出、2位に終わった。スケーティングに定評がある浅田にしては初歩的なミスが少なくなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る