平昌に意欲の真央も救う? フィギュア選考基準はユルユル

公開日: 更新日:

 真央が「宣言」した。12日、都内で行われた寝具メーカーの新商品発表会の席で浅田真央(25)は、「五輪に2回出てみて、選手としての最高の舞台。もう一度出たいという気持ちがある。それが私の最終目標となる」と語った。

 真央が「10歳の頃から目指してきた」という五輪は夢の舞台。バンクーバー大会は宿敵のキム・ヨナに敗れての銀メダル。「集大成」として臨んだソチはショートプログラムの自滅で6位に終わった。ソチで銀のキム・ヨナはすでに引退したが、ライバルを失っても3度目の五輪で表彰台の真ん中に立ちたい気持ちはよくわかる。真央のファンだってそれを願っているのだが、平昌五輪の出場枠は未定。17年の世界選手権の結果で決まる。

 仮にソチと同じく、日本の女子シングルは3枠(=3人)を確保したとしても、若手の成長が著しい女子フィギュア界では、実績がある真央でも代表入りは容易ではないが、代表キップが3枚で、しかも選考基準がこれまでと同じだとすれば、27歳で平昌五輪を迎える真央でも代表入りする可能性はある。なぜか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る