真央の胸中複雑…18年平昌へ3アクセルと表現力のギャップ

公開日:  更新日:

 3度目はあるのか。女子フィギュアの浅田真央(25)が6日、過去ワーストの7位に終わった世界選手権が行われた米ボストンから成田へ帰国した。

 真央は会見で18年平昌五輪のプレシーズンとなる来季について、「目の前の目標を一つ一つクリアすることがやるべきこと。気づいたら五輪が近づいてきたと思えるようにしたい」と言った。しかし、10年バンクーバー、14年ソチに続く3度目の五輪出場は厳しいとの声は少なくない。

「真央は今、本当に滑ることが楽しいのかな? と思う。それが当たっているとすれば、平昌五輪出場はモチベーションにならない。男子のジャンプは完全に4回転時代に入り、女子も平昌五輪では、トリプルアクセルを跳ぶ選手が出てくるでしょう。真央は9月で26歳です。ジャンプより、10代では見せることができなかった大人の女性の表現力の方に注目してほしいはずです。でも、ファンやマスコミは今もトリプルアクセルの成否ばかりを気にしている。それがわかっているから、真央はギャップに苦しんでいるのではないか」(スケート関係者)

 真央は「選手である以上、結果を求めていくもの。勝つためには技術面、特にジャンプはレベルをもっともっと上げていかないといけない」とも語っていた。ジャンプにこだわる言動は痛々しい……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る