真央今季初戦はSP2位発進 3回転半回避も出来まずまず

公開日: 更新日:

 フィギュアスケートのフィンランディア杯が6日(日本時間7日)、フィンランドのエスポーで開幕。初日は男女のショートプログラム(SP)などが行われ、浅田真央(26)が64.87点をマーク。69.50で首位に立った今年の世界選手権銅メダルのアンナ・ポゴリラヤ(18=ロシア)に4.63点差の2位に付けた。

 実戦に復帰して迎えた2年目。今季はSP、フリーとも同じ曲(リチュアル・ダンス)を使用し、それぞれの種目で曲調を変えて演技に臨む。この日のSPは調整不足からトリプルアクセル(3回転半)を回避。冒頭のジャンプでダブルアクセルを決めると、続く3回転、2回転の連続ジャンプを成功させる。演技後半の3回転ループでは着氷を乱したが、スピンは全て最高のレベル4をマークするなど、本格的なシーズン開幕を前にまずまずのスケーティングを披露した。

 今季の初演技を終えた浅田は「緊張感がある中で、自分がイメージしていた『こういうふうに滑りたい』というのができたので、次につなげていきたい」と笑顔で話した。

 今後の浅田は21日(同22日)開幕のグランプリシリーズ今季初戦のスケート・アメリカに出場する。今季は18年平昌五輪プレシーズン。若手が台頭する中、ベテランの浅田は存在感をアピールできるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る