• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

真央今季初戦はSP2位発進 3回転半回避も出来まずまず

 フィギュアスケートのフィンランディア杯が6日(日本時間7日)、フィンランドのエスポーで開幕。初日は男女のショートプログラム(SP)などが行われ、浅田真央(26)が64.87点をマーク。69.50で首位に立った今年の世界選手権銅メダルのアンナ・ポゴリラヤ(18=ロシア)に4.63点差の2位に付けた。

 実戦に復帰して迎えた2年目。今季はSP、フリーとも同じ曲(リチュアル・ダンス)を使用し、それぞれの種目で曲調を変えて演技に臨む。この日のSPは調整不足からトリプルアクセル(3回転半)を回避。冒頭のジャンプでダブルアクセルを決めると、続く3回転、2回転の連続ジャンプを成功させる。演技後半の3回転ループでは着氷を乱したが、スピンは全て最高のレベル4をマークするなど、本格的なシーズン開幕を前にまずまずのスケーティングを披露した。

 今季の初演技を終えた浅田は「緊張感がある中で、自分がイメージしていた『こういうふうに滑りたい』というのができたので、次につなげていきたい」と笑顔で話した。

 今後の浅田は21日(同22日)開幕のグランプリシリーズ今季初戦のスケート・アメリカに出場する。今季は18年平昌五輪プレシーズン。若手が台頭する中、ベテランの浅田は存在感をアピールできるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る