真央今季初戦はSP2位発進 3回転半回避も出来まずまず

公開日:  更新日:

 フィギュアスケートのフィンランディア杯が6日(日本時間7日)、フィンランドのエスポーで開幕。初日は男女のショートプログラム(SP)などが行われ、浅田真央(26)が64.87点をマーク。69.50で首位に立った今年の世界選手権銅メダルのアンナ・ポゴリラヤ(18=ロシア)に4.63点差の2位に付けた。

 実戦に復帰して迎えた2年目。今季はSP、フリーとも同じ曲(リチュアル・ダンス)を使用し、それぞれの種目で曲調を変えて演技に臨む。この日のSPは調整不足からトリプルアクセル(3回転半)を回避。冒頭のジャンプでダブルアクセルを決めると、続く3回転、2回転の連続ジャンプを成功させる。演技後半の3回転ループでは着氷を乱したが、スピンは全て最高のレベル4をマークするなど、本格的なシーズン開幕を前にまずまずのスケーティングを披露した。

 今季の初演技を終えた浅田は「緊張感がある中で、自分がイメージしていた『こういうふうに滑りたい』というのができたので、次につなげていきたい」と笑顔で話した。

 今後の浅田は21日(同22日)開幕のグランプリシリーズ今季初戦のスケート・アメリカに出場する。今季は18年平昌五輪プレシーズン。若手が台頭する中、ベテランの浅田は存在感をアピールできるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る