• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DHからリリーフ本当にない? 心配される日ハム大谷の酷使

 本当にそう言い切れるのか。16日のCSファイナルステージ5戦目、日本ハムの栗山監督は試合後に「二度とこんなことは起きない」と話した。「こんなこと」とは、DH出場から九回のマウンドに上がった大谷翔平(22)の起用法だ。

 3点リードも、抑えのマーティンは不在。勝てば日本シリーズ進出、負ければ翌日の最終戦にズレ込む。その場合は初戦に先発した大谷と2戦目先発の増井をリリーフ待機させる案もあったそうだが、「どうせならここで勝ち切りたい」と思うのは当然だろう。

 問題は大谷の肩とヒジだ。吉井投手コーチは試合後、「送り出した側としては、故障が怖い。無事に(ベンチに)帰ってきてほしいと思った。これを続けたら壊れるよ」と懸念したが、先発で7回102球を投げた12日から、1イニング限定とはいえ中3日で登板。しかも、直前まで野手として試合に出場していた。いくら大谷がタフでも、吉井コーチが心配するのも無理はなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

もっと見る