DHからリリーフ本当にない? 心配される日ハム大谷の酷使

公開日: 更新日:

 本当にそう言い切れるのか。16日のCSファイナルステージ5戦目、日本ハムの栗山監督は試合後に「二度とこんなことは起きない」と話した。「こんなこと」とは、DH出場から九回のマウンドに上がった大谷翔平(22)の起用法だ。

 3点リードも、抑えのマーティンは不在。勝てば日本シリーズ進出、負ければ翌日の最終戦にズレ込む。その場合は初戦に先発した大谷と2戦目先発の増井をリリーフ待機させる案もあったそうだが、「どうせならここで勝ち切りたい」と思うのは当然だろう。

 問題は大谷の肩とヒジだ。吉井投手コーチは試合後、「送り出した側としては、故障が怖い。無事に(ベンチに)帰ってきてほしいと思った。これを続けたら壊れるよ」と懸念したが、先発で7回102球を投げた12日から、1イニング限定とはいえ中3日で登板。しかも、直前まで野手として試合に出場していた。いくら大谷がタフでも、吉井コーチが心配するのも無理はなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

  10. 10

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

もっと見る