想定外の不調でチーム沈黙…連敗ハム“大谷頼り”の弊害露呈

公開日:

「日本ハムは普段通りの野球ができませんでしたね」

 広島との日本シリーズ1、2戦に関して、こう言うのは日本ハムOBで評論家の野口寿浩氏。

 23日は六回、先発の増井が、菊池のバスターで勝ち越されて「動揺した」。続く丸の送りバントを一塁に悪送球して傷口を広げてしまう。前日の初戦も大谷のミスで重盗を決められ先制を許すなど、確かに「普段通り」のソツない野球ができないまま連敗した。

「広島の重盗や丸のバントは、同じセの球団にしてみれば意外でも何でもない。広島がああした作戦を使うチームだということは、スコアラーを張り付かせていればわかることですから。日ハムにとって広島は普段から戦う相手ではない。だからこそスコアラーがどれだけ情報収集していたか、という問題です。情報収集不足? この2戦を見る限りでは、そう言われても仕方ありません」とは野口氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る