想定外の不調でチーム沈黙…連敗ハム“大谷頼り”の弊害露呈

公開日: 更新日:

日本ハムは普段通りの野球ができませんでしたね」

 広島との日本シリーズ1、2戦に関して、こう言うのは日本ハムOBで評論家の野口寿浩氏。

 23日は六回、先発の増井が、菊池のバスターで勝ち越されて「動揺した」。続く丸の送りバントを一塁に悪送球して傷口を広げてしまう。前日の初戦も大谷のミスで重盗を決められ先制を許すなど、確かに「普段通り」のソツない野球ができないまま連敗した。

「広島の重盗や丸のバントは、同じセの球団にしてみれば意外でも何でもない。広島がああした作戦を使うチームだということは、スコアラーを張り付かせていればわかることですから。日ハムにとって広島は普段から戦う相手ではない。だからこそスコアラーがどれだけ情報収集していたか、という問題です。情報収集不足? この2戦を見る限りでは、そう言われても仕方ありません」とは野口氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  8. 8

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  9. 9

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  10. 10

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

もっと見る