阪神1位指名の大山 金本監督が期待する「山田2世」の真偽

公開日:  更新日:

「チームの現状をみたときに、投手と野手のホープの数の差をみて、弱点は野手かなと。右の大砲候補。バッティングはしなやかで、ヤクルトの山田選手に似たタイプ」

 即戦力投手の指名を示唆していた阪神が、大学生内野手の大山悠輔(白鴎大)をまさかの1位指名。金本監督は「意外な歓声だったんじゃないですか?」と言うと、投手ではなく大山を指名した理由をそう説明した。

 今季のチーム防御率3.38は広島に次いでリーグ2位なのに対し、打率.245は最下位。90本塁打は中日の89本塁打の次に少ない。日本人に限れば最多は福留(39)と原口(24)の11本。長距離打者育成に力を注いでいた金本監督が既存の若手では限界があると、大学日本代表の4番打者に白羽の矢を立てたのは想像に難くない。

「打撃はいい。スイングがしなやかだし、しっかりと振り切れるだけのパワーもある。つくば秀英高時代は投手もやっていたから、肩も強い。問題は足。走れないので、守るところがない。ウチは3位に評価していたんだけど、2位で十分取れた選手だと思いますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る