阪神1位指名の大山 金本監督が期待する「山田2世」の真偽

公開日: 更新日:

「チームの現状をみたときに、投手と野手のホープの数の差をみて、弱点は野手かなと。右の大砲候補。バッティングはしなやかで、ヤクルトの山田選手に似たタイプ」

 即戦力投手の指名を示唆していた阪神が、大学生内野手の大山悠輔(白鴎大)をまさかの1位指名。金本監督は「意外な歓声だったんじゃないですか?」と言うと、投手ではなく大山を指名した理由をそう説明した。

 今季のチーム防御率3.38は広島に次いでリーグ2位なのに対し、打率.245は最下位。90本塁打は中日の89本塁打の次に少ない。日本人に限れば最多は福留(39)と原口(24)の11本。長距離打者育成に力を注いでいた金本監督が既存の若手では限界があると、大学日本代表の4番打者に白羽の矢を立てたのは想像に難くない。

「打撃はいい。スイングがしなやかだし、しっかりと振り切れるだけのパワーもある。つくば秀英高時代は投手もやっていたから、肩も強い。問題は足。走れないので、守るところがない。ウチは3位に評価していたんだけど、2位で十分取れた選手だと思いますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る