阪神1位指名の大山 金本監督が期待する「山田2世」の真偽

公開日: 更新日:

「チームの現状をみたときに、投手と野手のホープの数の差をみて、弱点は野手かなと。右の大砲候補。バッティングはしなやかで、ヤクルトの山田選手に似たタイプ」

 即戦力投手の指名を示唆していた阪神が、大学生内野手の大山悠輔(白鴎大)をまさかの1位指名。金本監督は「意外な歓声だったんじゃないですか?」と言うと、投手ではなく大山を指名した理由をそう説明した。

 今季のチーム防御率3.38は広島に次いでリーグ2位なのに対し、打率.245は最下位。90本塁打は中日の89本塁打の次に少ない。日本人に限れば最多は福留(39)と原口(24)の11本。長距離打者育成に力を注いでいた金本監督が既存の若手では限界があると、大学日本代表の4番打者に白羽の矢を立てたのは想像に難くない。

「打撃はいい。スイングがしなやかだし、しっかりと振り切れるだけのパワーもある。つくば秀英高時代は投手もやっていたから、肩も強い。問題は足。走れないので、守るところがない。ウチは3位に評価していたんだけど、2位で十分取れた選手だと思いますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る