日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

放送回避のTV局見返す勝利 パッキャオ“商品価値”再上昇

“安いボクサー”ではないことを、自らの拳で証明した。

 6日(現地時間5日)、ボクシングのマニー・パッキャオ(37)が7カ月ぶりの現役復帰戦で王者に返り咲いた。

 対戦相手はWBO世界ウエルター級王者のジェシー・バルガス(27)。パッキャオは老獪なテクニックでバルガスを翻弄し、2ラウンドに左ストレートでダウンも奪い、結果は3-0でパッキャオの判定勝利。隙あらばKOを狙いにいく終盤の姿には、余裕すら垣間見えた。

 パッキャオは、昨年5月に行ったメイウェザーとの「世紀の一戦」以降、商品価値が暴落。母国フィリピンの上院議員という「二足のわらじ」も疑問視された。パッキャオ戦を長年放送してきた米テレビ局が、今回の放送を回避。ギャラは、所属するトップランク社が制作したペイ・パー・ビューの売り上げ次第となった。

 しかし、調整の不安が囁かれる中での完全勝利。この日はWBC・WBO世界スーパーライト級王者のテレンス・クロフォードとメイウェザーが、試合場で観戦した。両者との対戦が実現すれば、巨額のカネが動くだろう。パッキャオ・フィーバー再燃の幕開けとなりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事