放送回避のTV局見返す勝利 パッキャオ“商品価値”再上昇

公開日: 更新日:

“安いボクサー”ではないことを、自らの拳で証明した。

 6日(現地時間5日)、ボクシングのマニー・パッキャオ(37)が7カ月ぶりの現役復帰戦で王者に返り咲いた。

 対戦相手はWBO世界ウエルター級王者のジェシー・バルガス(27)。パッキャオは老獪なテクニックでバルガスを翻弄し、2ラウンドに左ストレートでダウンも奪い、結果は3-0でパッキャオの判定勝利。隙あらばKOを狙いにいく終盤の姿には、余裕すら垣間見えた。

 パッキャオは、昨年5月に行ったメイウェザーとの「世紀の一戦」以降、商品価値が暴落。母国フィリピンの上院議員という「二足のわらじ」も疑問視された。パッキャオ戦を長年放送してきた米テレビ局が、今回の放送を回避。ギャラは、所属するトップランク社が制作したペイ・パー・ビューの売り上げ次第となった。

 しかし、調整の不安が囁かれる中での完全勝利。この日はWBC・WBO世界スーパーライト級王者のテレンス・クロフォードとメイウェザーが、試合場で観戦した。両者との対戦が実現すれば、巨額のカネが動くだろう。パッキャオ・フィーバー再燃の幕開けとなりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る