ロンドン金が2階級制覇 ボクシング村田はいつ世界挑戦?

公開日: 更新日:

 11日(日本時間12日)、ウクライナのワシル・ロマチェンコ(28)がWBO世界スーパーフェザー級王者のローマン・マルチネスを破り、タイトルを奪取。14年に獲得した同フェザー級のベルトと合わせ、プロ7戦目での2階級制覇は史上最速記録となった。

 ロマチェンコは北京五輪フェザー級、ロンドン五輪ライト級の金メダリスト。13年に引退し、プロ転向後も順調にキャリアを積み重ねている。

 そんなロマチェンコと比べると、もどかしいのがロンドン五輪ミドル級金メダリストの村田諒太(30=写真)だ。これまでプロ10試合をこなすも、対戦相手の最高ランクはWBO世界15位。どうにも安パイばかり選んでいる印象が強い。ボクシングに関する著作も多いスポーツライターの織田淳太郎氏は「慎重になっている部分はある」と、こう話す。

「村田の所属する帝拳ジムは、中身を伴わない記録だけの王者に興味がない。話題性よりも、じっくりボクサーを育てて『これなら大丈夫』と見極めをつけてから世界に挑戦させる。ミドル級は層が厚いので、さまざまなタイプのボクサーと戦わせて対応力を磨いている最中でしょう。ただし、そろそろ本物の強豪、世界ランク1ケタ台の相手とも戦うべきです。そうでなければ、世界の実力というものがわかりませんから」

 世界挑戦まで、まだまだ時間がかかりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る