日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

WBCとIBFは拒否反応 リオ五輪プロボクサー解禁の裏事情

 いよいよ対立が明確になってきた。

 国際ボクシング協会(AIBA)がリオから解禁した、プロボクサーの五輪出場。しかし、世界王座認定団体の一つでもあるIBFは20日(日本時間21日)、「五輪に出場した王者はタイトル剥奪。世界ランカーも1年間ランキングから外す」と声明を出した。

 WBCも同様に参加を禁止しており、両団体は「プロとアマチュアの試合は危険性がある」と口を揃えている。確かにパンチ力は雲泥の差だが、「自分たちの世界王者がアマに負けたら……」というプライドの問題もあるのだろう。

 ボクシングはプロとアマでルールが大きく異なる。12ラウンドを闘うプロでは序盤は様子見といった戦略が通じるが、アマは3ラウンド。最初から最後まで足を使うことが求められる。さらにアマは反則にも厳しい。「頭を低くしてはいけない」「拳以外の箇所で殴ってはいけない」といったことはプロではさほど問題視されないが、アマはそうはいかない。プロが「プロらしい試合」をすれば、何も出来ないままアマに負ける可能性が高いのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事