• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山口、森福に加え3人目も FA権行使の陽岱鋼を巨人が狙う

 7日、FA権行使を表明した日本ハムの陽岱鋼(29)は会見で、「悩んで考えたけど、決断しました」と話した。日本シリーズ終了後、一度は「残りたい。もともと日本ハムでやりたいと決めていた」とチーム残留を希望していた。が、球団幹部との会談後に行ったこの日の会見では、「球団には11年間育ててくれた感謝しかない。チームを離れるのは寂しい」と言葉を詰まらせながらも、「これからは自分のプレーで恩返ししたい」と決意を示した。

 今季年俸1億6000万円の陽に関しては、早くからオリックス、楽天が動向を調査。同じ外野手の糸井嘉男(35)がFAで流出する可能性があるオリックス、中軸を打てる右打者の獲得を狙う楽天はともに、3年10億円以上の条件を用意しているともっぱらだが、在京球団の編成担当はこう言ってクビをひねる。

「日本ハムの関係者の中には、『陽? 巨人に行くんじゃないの』と見ている人が少なくない。スポーツ紙にはオリックスと楽天の名前しか出てこないが、貧打解消を狙う巨人にとって『中軸を打てる外野手』は一番の補強ポイント。動かない方が逆に不自然ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る