日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベイ山口とSB森福に照準か 巨人に“糸井争奪戦”撤退情報

 今オフの補強戦線の目玉、糸井嘉男(35)が、所属するオリックスにFA権行使の意向を伝えた。1日、本人から連絡を受けた長村球団本部長が、「夜も眠れないくらい考えたと言っていた。他球団の評価を聞いてみたいということだった」と話した。

 宣言残留を認めているオリックスはすでに、4年総額18億円といわれる条件を提示。今季年俸2億8000万円の糸井の鼻先に破格の金額を吊るして残留を要請している。長村本部長は、「最終的に残ってくれたらベスト」と話したが、獲得調査を行っている阪神がオリックスと同程度の条件を用意。それが決め手になるかはともかく、背番号「3」と金本監督の直接出馬も検討し、誠意を見せるとされている。

「糸井の周辺からは、『移籍先は阪神か巨人の二者択一』という本人の意向が聞こえてくるのにもかかわらず、調査をしているはずの肝心の巨人の動向がまったく伝わってこない。旗色が悪いと感じたのか、撤退した可能性もある。ここにきてDeNAの山口、ソフトバンクの森福というFA2投手を本格調査という記事がスポーツ紙に出ているのも、そのためかもしれないね」(在京球団編成担当)

 負け戦はしない、ということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事