ジョーンズでも足りず…巨人貧打解消へ日ハム陽岱鋼狙い

公開日: 更新日:

 貧打解消の切り札になるかもしれない。

 高橋由伸新監督の下、再出発を図る巨人。課題は何といっても、極端にアンバランスだった「投高打低」の解消だ。チーム防御率2.78はリーグトップだが、同打率・243はワースト。規定打席到達選手の中では、打率.269の坂本がチームトップという体たらく。本塁打も阿部、長野の15本が最高だった。

 中でも物足りなかったのが外野手の働きだろう。長野を除けば一年通して定着した者はおらず、今季外野でスタメン出場した選手は実に14人に及んだ。

 9日、スポーツ報知は、巨人がヤンキースからFAになったギャレット・ジョーンズ外野手(34=左投げ左打ち)をリストアップしていると書いた。ジョーンズは2日付の日刊ゲンダイが「巨人 年俸5億円で狙う大砲5人の名前」のタイトルで報じたメジャー通算122発の大物。ポジションは外野か一塁だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る