ジョーンズでも足りず…巨人貧打解消へ日ハム陽岱鋼狙い

公開日: 更新日:

 貧打解消の切り札になるかもしれない。

 高橋由伸新監督の下、再出発を図る巨人。課題は何といっても、極端にアンバランスだった「投高打低」の解消だ。チーム防御率2.78はリーグトップだが、同打率・243はワースト。規定打席到達選手の中では、打率.269の坂本がチームトップという体たらく。本塁打も阿部、長野の15本が最高だった。

 中でも物足りなかったのが外野手の働きだろう。長野を除けば一年通して定着した者はおらず、今季外野でスタメン出場した選手は実に14人に及んだ。

 9日、スポーツ報知は、巨人がヤンキースからFAになったギャレット・ジョーンズ外野手(34=左投げ左打ち)をリストアップしていると書いた。ジョーンズは2日付の日刊ゲンダイが「巨人 年俸5億円で狙う大砲5人の名前」のタイトルで報じたメジャー通算122発の大物。ポジションは外野か一塁だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る