日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

星野副会長で本腰再建 楽天が西武岸とハム陽にピタリ照準

「今年は星野副会長が派手に動くでしょう」

 こう語るのは、ある楽天OBだ。

 今季、梨田昌孝新監督を迎えた楽天は昨5日、ロッテに大敗して5位でシーズンを終えた。13年、田中将大(現ヤンキース)を擁して日本一になって以降、チームは6位、6位、5位と低迷が続いている。パ・リーグは今季、熾烈な優勝争いを繰り広げた日本ハムとソフトバンクによる2強時代に突入しつつあるが、ここに楽天が待ったをかけるべく、大型補強を敢行するというのだ。

「昨年は、ロッテからFA宣言した今江を3年総額6億円で獲得しましたが今季はさらなる補強資金を投下する準備があるそうです。星野副会長がターゲットにしているのは西武の岸孝之(31)です」と言うのは、前出の楽天OBだ。

「楽天の課題は、投手力の強化です。チーム防御率はリーグ5位の4.11。エースの則本(11勝11敗、防御率2.91)と双璧の働きができる先発投手の補強が必要不可欠。そこで星野副会長が目をつけたのが今季で西武との3年契約が満了する岸。通算103勝をマークする岸は4月後半に右足内転筋の故障で約2カ月間、離脱したとはいえ、9勝7敗、防御率2.49。岸は西武が引き留めているものの、楽天の地元・宮城出身で仙台の東北学院大OB。06年ドラフト時も獲得に動いた。岸の今季年俸は2億2500万円。FA宣言すれば楽天は、3年10億円以上の条件を用意しており、勝算はあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事