日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女子シード争い決着間近 初シードに20代前半続々の理由

 今季女子ツアーは残り2試合になった。最終戦のLPGAツアー選手権リコー杯は、優勝者と賞金ランク25位までなど出場資格が限られるため、きょう17日に開幕した大王製紙エリエールレディスでシード争いに決着がつく。

 来季賞金シードはランク50位まで。「2000万円を超えたら圏内に入る」(関係者)と予想されている。

 ランク48位の金田久美子は2013万円で当確とみられており、当落線上には49位藤田光里(1988万円)から、50位茂木宏美(1969万円)、51位香妻琴乃(1953万円)、52位藤本麻子(1887万円)まで約100万円差に4人がひしめき合っている。

 またシード落ちの危機には、53位一ノ瀬優希(1767万円)、56位O・サタヤ(1543万円)、63位前田陽子(1395万円)、68位森田理香子(1078万円)、69位北田瑠衣(1035万円)らがいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事