西武秋山「2億+出来高」3年契約に流出阻止とは別の狙い

公開日:  更新日:

 契約内容から球団の意図がくみ取れる。西武の秋山翔吾が5000万円増の年俸2億円+出来高払いで3年契約を結んだ。

 今季の成績(打率.296、11本塁打、62打点、18盗塁、103三振)、は、打点と盗塁以外はダウン。それでも、球団が大型契約を提示したのは、順調なら来季中にも取得するFA権行使による戦力流出の阻止が狙いだ。

 西武は12球団の中で、FA移籍で出ていく選手が最も多い。このオフも岸が楽天へ移り、93年にFA制度が導入されて以降のFA流出数は計15人となったが、ある西武OBは、「FAの問題だけではないでしょう」と言ってこう続けた。

「攻守の要でもある秋山は、もちろん貴重な戦力に違いないが、フロントは将来の指導者として考えていると思う。森(中日新監督)、辻(西武新監督)、秋山(幸二=前ソフトバンク監督)、伊東(ロッテ監督)、工藤(ソフトバンク監督)といった黄金時代のメンバーを除けば、西武OBで指導者になれる資質がある者はそうはいない。今のチームを見ても、野球をよく勉強していて、理論的に物事を説明できるのは秋山と栗山ぐらいですから。28歳の秋山は故障がなければ引退はまだまだ先だが、おそらく3年契約が終わればコーチ兼任となり、指導者へのレールが敷かれるはずです」

 契約書に判を押した秋山は「(3年契約は)チームに必要ということでの契約だと思う。本当にありがたいです」と言った。どうやら西武に骨をうずめることになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る