大車輪の活躍で高評価 楽天・福山を捨てたDeNAのセンス

公開日:

 楽天の福山博之(27)が契約更改に臨み、3000万円アップの7500万円でサインした。

「とても良い評価をしていただきました」と笑顔を見せた右腕は今季、球団史上最多の69試合に登板。14、15年の65試合に続く3年連続のフル回転が評価された。

 福山は10年にドラフト6位でDeNAに入団。北島三郎に似ていることから「ハマのサブちゃん」と呼ばれた。大卒(大商大)の即戦力として期待されたものの、1年目の11年は19試合、翌12年の登板はわずか2試合。そのオフにクビになるのだが、この春季キャンプで福山の名を一躍有名にした「事件」が起きる。

■DeNAの野手転向要請を拒否

 韓国KIAとの練習試合で七回からマウンドに上がった福山は1死満塁から2者連続の押し出し四球。すると、当時の友利投手コーチ(現中日コーチ)が鬼の形相でマウンドに向かい、右手で福山の胸をドツいたのだ。さらに、試合後にランニングを終えた福山が友利コーチに「終わりました」と言うと、「おまえの人生が?」とキツイ冗談をお見舞いされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る