FA陽岱鋼モテモテの背景 プロ野球は台湾選手だらけに?

公開日:

 台湾市場がアツい。

 国内FAを宣言して日本ハム退団が濃厚となっている陽岱鋼(29)。楽天とオリックスが早くから調査に乗りだしていたが、「台湾ビジネス」に力を入れる巨人も触手を伸ばしているといわれている。

 この「台湾ビジネス」は各球団が注目するキラーコンテンツ。楽天の星野仙一球団副会長(69)は27日放送のスポーツ番組で、球団の補強について聞かれると「陽は楽天としては欲しいんですよ。本社が台湾とものすごく商売していますし、仙台空港は直通(便)が台湾と行き来している。(陽は)台湾のスーパースターですから。ファンが大勢、仙台に来てくれれば」とラブコール。「台湾のスーパースター」獲得が「商売」でもあることを隠そうとしなかった。三木谷浩史会長(51)が先日のオーナー会議で「外国人枠撤廃」を提案したのも、台湾マーケット拡大を視野に入れたものだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  9. 9

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る