DeNAには年俸重荷? 筒香3億円更改で球団社長に聞いた

公開日:

 DeNAの主砲・筒香嘉智(25)が、「気持ちよくサインしました」と満足そうに言った。

 1日、横浜市内の球団事務所で契約交渉に臨み、2億円の大幅アップとなる年俸3億円でサイン。「本当にあり得ないくらい、普通では考えられないような額を上げていただき、感謝です」と笑顔が絶えなかった。

 今季は出場した全133試合で4番を打ち、44本塁打、110打点で2冠を獲得。球界を代表する主砲に成長した筒香に球団フロントは最大限の評価で応えた。事前に下交渉を済ませていたとはいえ、球団事務所に入ってからわずか10分での契約更改。駆け引きの必要などない、“満額回答”だったわけだ。

「これまでの球団の野手最高年俸は、09年の村田(修一=現巨人)の2億6000万円。これを軽々と超えた筒香は万々歳だろうが、球団は頭が痛い。完全に才能を開花させた筒香はまだ25歳ですからね。今後、右肩上がりで年俸を上げてやらなければいけないことになる。日本ハムがダルビッシュ(現レンジャーズ)の年俸が5億円に達した11年オフに入札制度でメジャーへ行かせたように、球団の資金に限りのあるDeNAもいずれ手放さざるを得ないときがくる。11年オフにFA村田の流出をみすみす許したのも、最後はカネの問題が大きかったですから」(ベイスターズOB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る