早実・清宮に囁かれる「早大経由メジャー挑戦」の可能性

公開日: 更新日:

 早実の清宮幸太郎(2年)が来春のセンバツ出場を確実にした。

 3日の秋季東京大会決勝で日大三と激突。2点ビハインドの九回に1年生で4番を務める野村のサヨナラ2ランなどで一挙4点を奪い、8-6で勝利した。

 早実の秋の都大会優勝は、斎藤佑樹(現日本ハム)を擁した05年以来11年ぶり。これで明治神宮大会出場も決まった。

 主将としてインタビューに応じた清宮は「(大会の)最初は硬さがあったが、徐々にいいチームになったと思う。全員でパワーアップしていけるようにしたい」と話したが、「3番・一塁」で先発した自身は、日大三の先発左腕・桜井に大苦戦した。

 初回の第1打席と三回の第2打席はいずれもボール球のスライダーを振らされ、空振り三振。その後もこのスライダーに全くタイミングが合わず、五回の第3打席は見逃し三振に倒れると、1死一塁で回った七回の第4打席、九回の第5打席も空振り三振で、なんと5打席連続三振を喫した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る