早実・清宮に囁かれる「早大経由メジャー挑戦」の可能性

公開日:  更新日:

 早実の清宮幸太郎(2年)が来春のセンバツ出場を確実にした。

 3日の秋季東京大会決勝で日大三と激突。2点ビハインドの九回に1年生で4番を務める野村のサヨナラ2ランなどで一挙4点を奪い、8-6で勝利した。

 早実の秋の都大会優勝は、斎藤佑樹(現日本ハム)を擁した05年以来11年ぶり。これで明治神宮大会出場も決まった。

 主将としてインタビューに応じた清宮は「(大会の)最初は硬さがあったが、徐々にいいチームになったと思う。全員でパワーアップしていけるようにしたい」と話したが、「3番・一塁」で先発した自身は、日大三の先発左腕・桜井に大苦戦した。

 初回の第1打席と三回の第2打席はいずれもボール球のスライダーを振らされ、空振り三振。その後もこのスライダーに全くタイミングが合わず、五回の第3打席は見逃し三振に倒れると、1死一塁で回った七回の第4打席、九回の第5打席も空振り三振で、なんと5打席連続三振を喫した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る