早実・清宮に囁かれる「早大経由メジャー挑戦」の可能性

公開日: 更新日:

 早実の清宮幸太郎(2年)が来春のセンバツ出場を確実にした。

 3日の秋季東京大会決勝で日大三と激突。2点ビハインドの九回に1年生で4番を務める野村のサヨナラ2ランなどで一挙4点を奪い、8-6で勝利した。

 早実の秋の都大会優勝は、斎藤佑樹(現日本ハム)を擁した05年以来11年ぶり。これで明治神宮大会出場も決まった。

 主将としてインタビューに応じた清宮は「(大会の)最初は硬さがあったが、徐々にいいチームになったと思う。全員でパワーアップしていけるようにしたい」と話したが、「3番・一塁」で先発した自身は、日大三の先発左腕・桜井に大苦戦した。

 初回の第1打席と三回の第2打席はいずれもボール球のスライダーを振らされ、空振り三振。その後もこのスライダーに全くタイミングが合わず、五回の第3打席は見逃し三振に倒れると、1死一塁で回った七回の第4打席、九回の第5打席も空振り三振で、なんと5打席連続三振を喫した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る