自ら単年契約を申し出 “便利屋”右腕牧田に西武は戦々恐々

公開日:  更新日:

 西武のサブマリン右腕牧田(32)が6日、契約更改を行った。今季はリリーフとして50試合に出場して防御率1.60の好成績を残し、2500万円アップの年俸1億円を勝ち取ったが、西武としては戦々恐々ではないか。

 牧田は順調なら来季中に国内FA権を取得する。「絶対に残留する」と高をくくっていたエースの岸が楽天にFA移籍したため、これ以上の選手流出は避けなければいけない。そこで球団は牧田に複数年契約を提示したところ、本人から単年契約の申し出があったというのだ。

「複数年だと甘えが出るから」とは本人の弁。球団OBは「牧田はマジメな性格。それは本心でしょう」と、こう話す。

「ただし、来季の起用法次第ではFA宣言してもおかしくない。昨季は先発、中継ぎ、抑えと配置転換続き。今季はロングリリーフ兼セットアッパーというムチャをやらされ、50試合で78回と3分の2イニングも投げた。こんな場当たり的な起用では牧田自身の負担も計り知れない。来季も同じような起用が続けば、それこそ移籍の道を選びますよ。1年契約は牧田なりの“保険”ではないか」

 牧田の去就は辻新監督のハンドリング次第。球団はあらかじめ、「何でも出来る投手だけど、便利屋扱いだけはしないでくれ」と注文をつけておいた方がいいかもしれない。牧田の来オフが楽しみだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る