日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リオ銀リレー代表にマグロ贈呈 桐生「でけー!」と大興奮

 12日、「2016毎日スポーツ人賞」表彰式が行われ、リオ五輪の陸上男子400メートルリレーで日本初の銀メダルを獲得した山県亮太(24)、飯塚翔太(25)、桐生祥秀(20)、ケンブリッジ飛鳥(23)の4人がグランプリを受賞。副賞として本マグロ1本を贈呈され、五輪のレース前に見せた「侍ポーズ」でマグロをさばくしぐさをした際のひとコマだ。

 マグロに「でけー!」と興奮気味だった桐生はリオを振り返り、「走っていた時のことはほとんど覚えていないんですけど、バトンを渡したときにボルトとケンブリッジ選手が走る後ろ姿を一番良い席で見られて最高だった」とリップサービス。

 その一方、「バトン技術は良くても、個々のタイムはまだ伸びる。(東京五輪までに)全員が100メートル9秒台、200メートル19秒台で走れれば、もっと世界と戦える」と、真剣な表情で4年後を見据えていた。

 賞金100万円は4等分できても、これだけの本マグロを4人でどう分けたのか気になるところではあるが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事