日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界陸上目指す吉田香織が語った市民ランナーのメリット

 市民ランナーが2度目の挑戦で世界を狙う。

 17年世界選手権(ロンドン)の代表選考会を兼ねた、さいたま国際マラソン(13日)の招待選手4人が11日、号砲を前に会見。昨年の同大会で2位(2時間28分43秒)と健闘しながら、派遣標準記録(2時間22分30秒)に届かずリオ五輪代表を逃した吉田香織(35=TEAM R×L)は「世界選手権出場を視野に入れた上で、しっかりとしたレースをしたい」とリベンジを口にした。

 吉田は普段、代々木や駒沢など都内の公園で所属クラブのメンバーと汗を流す市民ランナー。実業団のような練習環境には恵まれない。実業団が海外で酸素の薄い高地トレを行うケースが少なくない中で、「国内でも十分に鍛えられる」という吉田は、埼玉県内の山で心肺機能を高めるトレーニングに励んでいる。

■十分にトップを競える

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事