• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界陸上目指す吉田香織が語った市民ランナーのメリット

 市民ランナーが2度目の挑戦で世界を狙う。

 17年世界選手権(ロンドン)の代表選考会を兼ねた、さいたま国際マラソン(13日)の招待選手4人が11日、号砲を前に会見。昨年の同大会で2位(2時間28分43秒)と健闘しながら、派遣標準記録(2時間22分30秒)に届かずリオ五輪代表を逃した吉田香織(35=TEAM R×L)は「世界選手権出場を視野に入れた上で、しっかりとしたレースをしたい」とリベンジを口にした。

 吉田は普段、代々木や駒沢など都内の公園で所属クラブのメンバーと汗を流す市民ランナー。実業団のような練習環境には恵まれない。実業団が海外で酸素の薄い高地トレを行うケースが少なくない中で、「国内でも十分に鍛えられる」という吉田は、埼玉県内の山で心肺機能を高めるトレーニングに励んでいる。

■十分にトップを競える

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る