世界陸上目指す吉田香織が語った市民ランナーのメリット

公開日:

 市民ランナーが2度目の挑戦で世界を狙う。

 17年世界選手権(ロンドン)の代表選考会を兼ねた、さいたま国際マラソン(13日)の招待選手4人が11日、号砲を前に会見。昨年の同大会で2位(2時間28分43秒)と健闘しながら、派遣標準記録(2時間22分30秒)に届かずリオ五輪代表を逃した吉田香織(35=TEAM R×L)は「世界選手権出場を視野に入れた上で、しっかりとしたレースをしたい」とリベンジを口にした。

 吉田は普段、代々木や駒沢など都内の公園で所属クラブのメンバーと汗を流す市民ランナー。実業団のような練習環境には恵まれない。実業団が海外で酸素の薄い高地トレを行うケースが少なくない中で、「国内でも十分に鍛えられる」という吉田は、埼玉県内の山で心肺機能を高めるトレーニングに励んでいる。

■十分にトップを競える

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る