サニブラウン 米大進学で4年後はNFLドラフト指名の可能性

公開日:

 和製スプリンターに他競技への流出がささやかれている。

 陸上男子短距離のユース世界王者サニブラウン・ハキーム(17=城西高)のことだ。昨21日、日本陸連の「ダイヤモンドアスリート」(20年東京五輪で活躍が期待される選手)の認定式に出席。認定証を授与されたサニブラウンは「東京五輪に向けて世界で活躍して、日本の皆さんにいい姿を見せられたら」と抱負を口にしたが、20年には五輪の舞台には立たない可能性もあるというのだ。

 サニブラウンが来年から進学する米フロリダ大学はスポーツが盛ん。MLB、NBA、NFLのプロスポーツにも多くの選手を輩出している。中でもアメリカンフットボール部は全米を代表する名門だ。

 米国の大学の体育会は日本のように一競技に固定せず、季節によって変えるシーズン制を採用。特にフロリダ大は学校の方針から学生の可能性を広げるため、各競技とも本格的な指導が行われている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る