DeNA今永は年末の酒席にもメモ帳持参の“データおたく”

公開日: 更新日:

 今永はルーキーだった今季、開幕から先発ローテに定着。22試合に登板し、8勝9敗という成績だった。DeNAからのドラフト1位指名に恥じない結果だが、「完璧だったと満足する日はこれまで一日もない」と言い、向上心の塊であることはチーム内でも有名だ。

 年の瀬でなにかと会合が多い最近、チームメートと飲みに行っても肌身離さず持ち歩いているものがあるという。学生時代からつけてきたメモ帳だ。練習や試合の後に感じたことや見つけた課題を書き記す。そこには反省ばかりが書かれ、ストイックさがうかがえる。データおたくでもあり、対戦相手のデータは欠かさずチェック。気になる部分はメモを取って分析するという。飲んでいる最中もメモを読み返し、思いついたことがあれば書き留めているらしい。

 来年2月に行われるWBC韓国代表との練習試合の先発を志願している今永。世界で戦える情報と力を吸収するのが本当の目的に違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  4. 4

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  5. 5

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  6. 6

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  7. 7

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  8. 8

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    国会延長を拒否した菅首相、三原副大臣、平井大臣の二枚舌

もっと見る