日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

買収5年目で黒字化成功 DeNAのFA補償は“カネからヒト”へ

 13日、FA山口俊獲得に伴う、巨人の人的補償リストがDeNAの球団事務所に届いた。三原球団代表は「高田GMと相談しながら」と話したが、彼らの頭の中に「金銭での補償」はない。かねて高田GMが「将来性のある若手、即戦力がいれば獲得する」と明言している通り、目を皿のようにしてリストに名前のある選手をチェックすることになる。

 それにしても親会社が変われば、こうも変わるものなのか。

 マルハ、TBSが球団を経営していた横浜時代、国内球団にFA移籍した選手は谷繁(01年)、門倉(06年)、相川(08年)、内川(10年)、村田(11年)の5人。うち3人が金銭のみの補償だった。近年では内川が「人材の宝庫」のソフトバンクに移籍した時も、早々に人的補償を諦めたほどだ。

 が、12年にDeNAがチームを買収してから球団の財政は短期間で激変した。11年度は売り上げ52億円で、赤字は24億円。それでも池田前球団社長は、「売り上げは倍にできるポテンシャルがある」と豪語し、わずか5年後の今季、黒字化に成功。その言葉通り、今季の売り上げは11年度の倍以上となる117億円を記録した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事