買収5年目で黒字化成功 DeNAのFA補償は“カネからヒト”へ

公開日: 更新日:

 13日、FA山口俊獲得に伴う、巨人の人的補償リストがDeNAの球団事務所に届いた。三原球団代表は「高田GMと相談しながら」と話したが、彼らの頭の中に「金銭での補償」はない。かねて高田GMが「将来性のある若手、即戦力がいれば獲得する」と明言している通り、目を皿のようにしてリストに名前のある選手をチェックすることになる。

 それにしても親会社が変われば、こうも変わるものなのか。

 マルハ、TBSが球団を経営していた横浜時代、国内球団にFA移籍した選手は谷繁(01年)、門倉(06年)、相川(08年)、内川(10年)、村田(11年)の5人。うち3人が金銭のみの補償だった。近年では内川が「人材の宝庫」のソフトバンクに移籍した時も、早々に人的補償を諦めたほどだ。

 が、12年にDeNAがチームを買収してから球団の財政は短期間で激変した。11年度は売り上げ52億円で、赤字は24億円。それでも池田前球団社長は、「売り上げは倍にできるポテンシャルがある」と豪語し、わずか5年後の今季、黒字化に成功。その言葉通り、今季の売り上げは11年度の倍以上となる117億円を記録した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  5. 5

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  6. 6

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  7. 7

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  8. 8

    東出昌大“超マザコン伝説”囲み会見後は母親の運転で実家へ

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

もっと見る