引退後は独立? 故障するまで稼ぎ続ける琴奨菊の人生設計

公開日: 更新日:

 26日に発表された来年1月場所(8日初日)の新番付。7度目のカド番を迎えるのが、大関琴奨菊(32)だ。

 今年1月に自身初優勝を果たしたものの、続く3月場所では8勝7敗で綱とりに失敗。7、11月と2度も負け越した。テーピングが痛々しい両ヒザはボロボロ。巡業でも土俵に上がる回数は激減した。

 引退は時間の問題と思われるが、「まだまだ稼ぎ足りない」というのがホンネではないか。

 琴奨菊は13年に年寄株を購入しており、引退後は「秀ノ山親方」になることが確実。しかし、相撲協会が現行の新公益法人に移行し、株の売買を禁止したのは14年。つまり、琴奨菊は秀ノ山株に大金を支払ったということだ。最近では裁判所が春日山株に1億7000万円もの値をつけたように、決して安い買い物ではない。

 独立ともなれば、さらにカネがかかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る