笑顔で復帰宣言も…横綱白鵬が知ってしまった“休場の味”

公開日: 更新日:

 綱とりを目指す大関豪栄道(30)は「もう一場所休んでもらっても良かったのに」と言いたい気分ではないか。

 13日に初日を迎える大相撲11月場所で、横綱白鵬(31)が復帰宣言。

「(仕上がりは)9割というところ。勝負勘、相撲勘というのがあるから、その辺だけ、しっかり認識してやっていきたい」

 と笑顔を見せた。

 先場所は、以前から痛めていた右足親指の影響で、横綱として初の全休。患部の骨片除去手術を行い、さらに休養十分とあって好調をアピールした。

 しかし、気になるのが今後だ。右足親指をかばった影響で、右足首の関節炎、左膝のタナ障害と立て続けに負傷。

 白鵬は07年に横綱に昇進してから先場所までの9年間で全休はゼロ。過去、これほど頑丈だった横綱は一人もいない。中でも、58年に現在の年6場所制になってからは横綱の休場は珍しくなくなった。それだけに白鵬の無休は偉業に違いないとはいえ、長年のダメージが蓄積しているのもまた事実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  9. 9

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  10. 10

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る