来季はJ2名古屋指揮 風間八宏氏が手にする年俸はいくら?

公開日: 更新日:

 サッカーのリオ五輪男子代表は、本大会1次リーグで敗退。手倉森監督は退任して日本代表のコーチに転身した。次期監督は、2020年東京五輪で指揮を執ることになる。地元開催五輪でメダル獲得は至上命令。それなりのネームバリューも必要となる。そこで日本サッカー協会は、J1川崎を優勝争いを演じるまでに育て上げた風間八宏監督(55)に白羽の矢を立て、本人もヤル気になっていた。

 ところがJ1名古屋の「J2降格」で風向きがガラッと変わった。

 名古屋は当初、来季の監督としてフランス人のポール・ル・グエン氏(52)と交渉。内諾を得ていた。フランス1部リヨン監督時代に国内リーグ3連覇の実績を持ち、カメルーン代表、オマーン代表監督を歴任した大物監督だ。

 しかし、名古屋の2部落ちで「ル・グエン氏が難色を示し、年俸1億2000万円を用意していた名古屋は『2部に降格したけど減額しない』と説得したが、彼は首をタテに振らなかった」(サッカーライター)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る